提灯

トップページ > データ作成方法

データ作成方法

� 名入れ文字・ゴロ・家紋など、描き内容部分を作成し、アウトライン化し、パスの取られた状態にして下さい。

提灯01

� ご希望する提灯本体の型を作る。※ここで、提灯本体の直径と高さの割合が違っていると、完成イメージもずれてきますので、しっかりと御確認の程、お願い致します。
(大きさはご注文される商品実寸の1/10sizeで構いません。また、寸法は「提灯の種類」をご参照下さい。)

提灯02

� �で作成した名入れデータを�で作成した本体データの中へ当てはめる(レイアウトする。)。ただし、データは平面ですが、提灯は球体です。よって、あまりにぎりぎりまで入れようとすると実際丸まっていますので、正面から見た場合、文字全体が見えなかったりする場合があるので、気をつけて下さい。配置してご注文をご希望されている通りのデザインになれば制作完了でございます。

提灯03
トップページへ

Copyright © 2010 東京提灯店 All rights reserved.