提灯

トップページ > お任せ書体

お任せ書体 (特注名入れ提灯)

提灯の書体は江戸文字のみではありません。楷書・行書・草書・隷書・登録商標・ロゴ文字・ロゴマークなど、指定文字や見本があればそのように描きます。特に東京では文字、家紋を描くことが主体です。(お盆に秋草を描いた提灯が使われますが、これは岐阜で製作した物を販売しているだけです。)東京では絵を描くことはほとんどありませんでし た。

ご注文時に指定がない場合には、楷書の筆文字を太くした文字(これを一般的に「※江戸文字」と呼びます。)を描きます。注文の大半は何も指定がないので、この江戸文字を描きます。 江戸文字は「楷書」を基本としているので読み易く、太く描くので遠くからも良く解ります。(※ただし、職人さんにより、幾分の「癖」があります。よって、100%太楷書という訳ではありません。イメージが一番近いという捉え方にてお願い致します。)力強く、粋に見える工夫もなされています。提灯には、この江戸文字が最適です。

提灯に文字を描く時は文字の輪郭を素描きし、その中を塗ります。この描き方を籠字(籠文字)と呼びます。書体は江戸文字が大半です。

籠文字とは、輪郭を描きその中を塗り込む描き方をした文字のことです。書体のことではないので、どのような書体であってもこの描き方をすれば「籠文字」です。
江戸文字とは、毛筆の楷書を太く肉付けした書体です。この書体はひと筆では描けません。つまり、輪郭を描きその中を塗り込む方法で制作された、楷書を基本にした書体が江戸文字なのです。

ですから、江戸文字(書体)は、籠文字(描き方)ですが、籠文字(描き方)は江戸文字(書体)だけではありません。江戸文字の定義は人によって微妙に違ったり大きく違ったりします。名称についても混同混乱があります。そこでこれからの問題を避ける為に、弊社では言葉の定義を、次のように区別することにしました。ご注文の際伝達ミスを防ぐ為にも下記を参考に書体をご指定頂ければ幸いです。


書体見本

書体

江戸文字:毛筆の楷書を太く肉付けした書体。

籠  字:輪郭を描き、その中を塗り込む描き方。

籠 文字:その様な書体が存在すると勘違いし易いので、混乱を避けるため、この名称は使わないことにしました。

提灯文字:その様な書体が存在すると勘違いし易いので、混乱を避けるため、この名称は使わないことにし、提灯の文字と解り易い様に改めることにしました。

トップページへ

Copyright © 2010 東京提灯店 All rights reserved.